FC2ブログ
N-NOTE
現在家事手伝い兼派遣社員。勉強記録・雑記を主に書いてます。ちょくちょく愚痴も入るので注意。名前を書かれても別に何も起こりません(笑)
プロフィール

N-FIELD

Author:N-FIELD
日々だらだらだらりと生活中。
なんか用がありましたら以下のメルアドへ。

n-field0981あっとまーくhotmail.co.jp
(あっとまーくを@に)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お気に入りアイテム



今やってるゲーム

N-FIELDの今やってるゲーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



学問(主に物理)関係の妄想

昨日に引き続き学問関係の考え(妄想)を。
(読んで誰が面白いんでしょ・笑)



・相対性理論より。
 物体が加速するほど物体自身の時間の流れが
 遅くなり、空間が縮み、物体の質量が増大するという事は、
 物体が時空からなにか(エネルギー?)を吸収した結果、
 前述のことが起こるのではないか。
 物質が時空が削り取ってしまうというべきか。



・量子力学より。
 重力の影響が極大の世界であるほど大きくなり、
 スケールが小さくなるほど小さくなるということからヒントを得た。

 極小の世界では物質の分布が確率的分布にしか観測できず
 (つまり、物質の存在がぼやけた感じになる)、
 スケールが大きくなるほどはっきりしてくるということは、
 極小の世界では何か未知の力(というべきか?)の
 影響が大きい(あるいは小さい)結果、そういうことが
 起こるのではないか。



・面積が一定の正方形を考える。
 その面積一定の状態で縦(あるいは横)の長さの比率を大きく、
 横(あるいは縦)の長さの比率を小さくしていくと、
 縦(あるいは横)の長さが限りなく長く、
 横(あるいは縦)の長さが限りなく小さい一本の線になる。



あ、妄想なのであまり突っ込まないように(笑)。
まあ間違いを指摘して下さるのならそれは結構なのですが。 

スポンサーサイト




テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術


この記事に対するコメント
相対論において
エネルギーというのは質量に変換できるのです
加速することにより光速に近づいてくると
加速度は落ちていくが与えられるエネルギーは同じ
これでは矛盾が生じる
この消えた(矛盾する)エネルギーがすべて質量に変換されるのです

力=加速度×質量
加速度を小さくすれば
力はコンスタントな値だから
質量が大きくなるしかない

別のところから吸収とかはしないはずですよっ

まあ僕の知識は高校生程度なのであてになりませんがっ><
【2007/01/12 23:18】 URL | 長 #tHX44QXM [ 編集]

ああ、その事忘れてました(笑)。
覚えていたはずなんだけどな~。
ただ、上の文章は自分が言いたいこととは
ちょっと違うような(自分で書いておいて・笑)…。
考え方の構成のし直しが出来そうです。
ご指摘ありがとうございました!
【2007/01/13 19:54】 URL | N-FIELD #UzUN//t6 [ 編集]

加速度は重力と等価であるというのも相対論の考え方、
そう考えると

質量が大きくなるのはエネルギーが変換されるため
加速度(重力)によって時空が歪むため
時間の流れが遅くなり空間が縮んだりする

そういうことになります
【2007/01/13 21:03】 URL | 長 #tHX44QXM [ 編集]

なるほどねえ…その辺はちゃんと認識してませんでしたね。
ああー時間があったら物理ちゃんと勉強したいなあー!!
色々ありがとうございました!
【2007/01/13 21:15】 URL | N-FIELD #UzUN//t6 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nfield0981.blog88.fc2.com/tb.php/9-e3cfc34d