FC2ブログ
N-NOTE
現在家事手伝い兼派遣社員。勉強記録・雑記を主に書いてます。ちょくちょく愚痴も入るので注意。名前を書かれても別に何も起こりません(笑)
プロフィール

N-FIELD

Author:N-FIELD
日々だらだらだらりと生活中。
なんか用がありましたら以下のメルアドへ。

n-field0981あっとまーくhotmail.co.jp
(あっとまーくを@に)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お気に入りアイテム



今やってるゲーム

N-FIELDの今やってるゲーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BAMBOO BLADE 46話感想

さて、今日はBAMBOO BLADE 46話の感想を。


今号は巻頭カラー!
綺麗です!綺麗すぎます!

とくにグラデーション!
さすが五十嵐あぐり先生。


んでもって話の方は…。


入部希望届けを出す東ちゃん。
後ろでキリノとサヤが抱き合って喜んでるよ!!
東ちゃんが入部したのを素直に喜ぶタマちゃん。
これで5人で試合が出来る。


んでもって場面は変わって…。
ダンくん人形を相手に稽古をするタマちゃん(笑)。
スパーンと叩いた瞬間に首がもげる(笑)。
それを踏んづけるコジロー。
さらにもぎゅもぎゅするコジロー。
「俺をもぎゅもぎゅするなァ――!!」
とダンくん(笑)。
キリノとサヤが作ったらしい。


ミヤミヤとダンくんに非難(笑)を浴びるキリノとサヤ。
「ほんじゃコジロー先生の頭つけよ」
とキリノ。
「俺ってそんなん?」
とコジロー。
このあたり、やけにのほほんとしてて笑いました(笑)。


その後、
「お前らまったりと遊んでる場合じゃないぞ
 次の土日はいよいよ大会があるんだからな!」
とコジロー。
大会を意識しだす部員足達。


さらに、
「部を全国大会に導いたら……!!
 俺の実績を学校が認めてくれたら……………!!
 あんなど――――――――でもいいポカなんて
 帳消しにしてくれるはずだ!!
 学校をやめさせられなくてもいいはずだ!!」
とコジロー。
コジロー必死だな(笑)。


さらに、
「タマ!まずお前が
 個人戦で確実に勝ち進み優勝しろ!!
 全国大会への切符を手にするのだ!!」

と続ける。
できるかなあ…と思うタマちゃん。


さらに、
「でもやっぱり高校剣道は団体戦だよな!!
 団体戦で全国行って初めて
 指導者の力が認められるわけだよな!!」
とコジロー。
「さあ・・・」
とユージ。
すかさず
「だよな」
と返すコジロー(笑)。
「はい」
と返事するユージ(笑)。


さらに
「団体戦で全国へ!!
それしか俺が生き残る道はないッ!!」
とコジロー。
その瞬間、
「あ (人形の)先生の首取れた」
とダンくん(笑)。
「やめろよ縁起でもねぇぇ!!」
とコジロー(笑)。


この辺りの一連の流れ、コジローが必死すぎて
笑えました(笑)。


そこへ東ちゃんが遅れて入ってくる。
が、途端につまづいてこける(笑)。
東ちゃんが来て喜ぶキリノとサヤ。


「本当に入部していいのか?」
と聞くコジロー。
「―――はい!」
と東ちゃん。
さらに
「親も心配してたんです
 私が部活をやめてからの方が成績が落ちてる事を
 だから試しにまた剣道部に入ってみて
 いいって――――」
と続ける。
「―――そうか
 よかったな東」
とコジロー。
「―――あ でも…
 もっと成績下がっちゃったら
 またやめなきゃいけないんですけどね」
と東ちゃん。
東ちゃんに勉強を教えるようキリノとダンくんに頼む
コジロー。
ついに(女子が)5人そろう室江高校剣道部!!
これで大会でも互角以上に戦える!!
そして影で忘れられている男子(笑)。
個人戦を頑張ろうとユージとダンくん。


景気づけに先生(コジロー)の人形ぶっ叩いてしまえ!!
とタマちゃんに言うコジロー。
そしてみんなが見ている前で気合をいれて
人形をぶったたくタマちゃん。
「室江高校剣道部 全国大会へ
 行くぞ―――ッ!!!

「お――――ッ!!!」
盛り上がる一堂!!


が、先生の人形の頭が裂け、破裂する(笑)。
不吉だ…と言うサヤとミヤミヤ。
「だだだ大丈夫だ!!問題ない!!
 さァ練習目指して全国はじめるぞ!!」
と言うコジロー(笑)。
落ち着きなよと言うキリノ(笑)。


場面は変わって成明高校に。
この間の剣道の練習試合でなんでミヤミヤしか
撮ってないのかとレイミに言う写真部員。
「だって他の連中撮る意味なんてないですから」
とレイミ。
「知り合いならこのコ紹介してくれよ」
と部員の一人が言う。
ものすごい形相で睨みつけるレイミ(笑)。
「………ごめん」
と先ほどの部員が言う。
レイミって……(笑)。


さらに場面は変わってレイミの家へ。
ものすごいキラキラした顔で迎えるレイミ母(笑)。
キモッ!顔が顔だけに(笑)。
レイミもあんな顔になるのか?それとも父親似?(笑)。


自分の部屋に行くレイミ。
ミヤミヤの写真ばかり飾ってあるよ(笑)。
やっぱガチ百合だわ(笑)。
「この美しさ…強さ…
 もっともっと他の人にもわかって欲しい…」
とレイミ。
なにか手紙を書いてポストに投函しに行くレイミ。


以下ナレーション。
「この手紙が後にとんでもない事件巻き起こすのだが…
 それはもう少し先のお話――――
 コジローはこの親子ふたりに大きく人生を
 翻弄される事になる」
なんだろ?もの凄く気になるな(笑)。
さらに
「それはさておき
 いよいよIH予選が始まる――――!!
 ―――しかし」
と続く。


帰宅するキリノ。
真っ暗な家の中。
そして居間をあけてみると……
倒れているキリノのお母さん!!
次回に続く!!


…って、なんか清杉みたいなオチがあるんじゃないかと
思ってしまうのは自分だけじゃないはず(笑)。


 


 

スポンサーサイト





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nfield0981.blog88.fc2.com/tb.php/34-6414f81e

【BAMBOO_BLADE】

BAMBOO_BLADE『BAMBOO BLADE』(バンブーブレード。「ブレイド」ではない)は、土塚理弘原作、五十嵐あぐり作画の漫画作品。現在「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)に連載中。剣道を題材にした漫画作品はルールや部活動上の諸注意などおざなりにされることが多 このマンガが読みたい!【2007/02/09 05:26】