N-NOTE
現在家事手伝い兼派遣社員。勉強記録・雑記を主に書いてます。ちょくちょく愚痴も入るので注意。名前を書かれても別に何も起こりません(笑)
プロフィール

N-FIELD

Author:N-FIELD
日々だらだらだらりと生活中。
なんか用がありましたら以下のメルアドへ。

n-field0981あっとまーくhotmail.co.jp
(あっとまーくを@に)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お気に入りアイテム



今やってるゲーム

N-FIELDの今やってるゲーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BAMBOO BLADE C 第34話感想
さて、BAMBOO BLADE C 第34話の感想を。


□さて、3年の秋。
 スズハルの雰囲気がなにかたそがれてるなあ。
 見開きを見ていていよいよ最終話って雰囲気が。

□場面は変わってスズハルとチコが卒業文集について話し合う
 シーンに。チコが凄く楽しそうw
 小さい頃から明るくて優しい娘だったんだなあ。
 スズハルには剣道部の思い出を書いて欲しいとスズハル。
 チコはどんなのでもいいって言うけど、スズハルなら
 割と硬派な内容になりそうな気がするが。
 
□マルちゃんとサミちゃんにも卒業文集を書く以来をするチコ。
 2つ言葉で承諾。
 やはり後輩や新入部員への剣道部の広報にも使おうと
 思ってるのか。
 
□キキちゃんも探すチコだが、ヒメちゃんと剣道の稽古の真っ最中。
 随分熱が入ってるな…。
 そしてキキへの文集の依頼。
 「自分にとっては今までの人生の中でも一番大切な時間だった。
 一番大切な出会いもあった」とキキ。
 本当に密度の濃い3年間だったんだな…。
 そしてスズハルとキキは推薦で同じ大学へ。
 最後までアツアツだなw
 マル、サミ、チコは受験で進学の模様。
 そして剣道部はヒメが部長になることに。
 新入部員やヒメちゃんの後輩も剣道部に入ってくるようで。
 活気づいてるなあ。

□話は変わってユウちゃんの話に。
 やはりユウちゃんがカグヤを倒す計画を立ててる模様。
 キキはヒメのライバルがユウちゃんと知って遠慮して
 合同稽古へ行かなくなってたらしいね。
 しかしそんな気の遣い方はしなくていいとヒメ。
 さらに強くなったユウちゃんをさらに上回って自分が倒すとヒメ。
 ユウちゃんの力を存分に引き出してあげて欲しいと。
 あくまで「力を発揮しきったユウちゃん」を倒したいんだろうな。
 ってヒメも稽古会に参加するのかw
 みんなして強くなればいいと。

□「若くてエネルギーがある人は発散する場がなくなると困ったことに
 なる。高校卒業はその場がなくなる時だ」とチコ。
 そういえばウラ様はそうだったな…。
 「しかし、そのバトン、そのエネルギーを受け継いでくれる人が
 いたら嬉しい事だ」とチコ。
 バンブー初期からたまたま言われてたテーマだったなあ。

□そして稽古会の場面へ。
 女子剣道の猛者が勢揃いという。
 そしてユウちゃんも。
 交通費をいくらでも出してくるからみんな来るという。
 山田さんの財力におののく面々。
 ユウちゃんを鍛えてカグヤを倒す算段をする面々。
 みんなの力をユウちゃんに…!ってバトル漫画の王道だな。
 そして稽古を始める面々。全員がユウちゃんに激を入れる。
 バンブーシリーズ初代主人公のタマちゃんも。
 
□そして3年の冬。
 やっぱスズハルは将太郎には勝てなかったかー。
 それでもスズハルは満足だったようだが。
 スズハルとキキのやりとりがアツアツすぎるw

□続いてカグヤと将太郎の会話の場面に。
 「もう女の私じゃ敵わないよね」とカグヤ。
 男と女の差か…。
 ってまたスズハルと戦う場面があるかもなのか…。
 見てみたいなあ。
 そして二人は稽古を始める。

□そして卒業文集の場面に。
 タマちゃんカグヤに続いて2位になったのか。
 スズハルも2位。ってカルマに勝ててよかったなあ。
 そして亀之宮高校の女子剣道団体は優勝!
 BAMBOO BLADE C終了!

スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nfield0981.blog88.fc2.com/tb.php/2671-405be85e