FC2ブログ
N-NOTE
現在家事手伝い兼派遣社員。勉強記録・雑記を主に書いてます。ちょくちょく愚痴も入るので注意。名前を書かれても別に何も起こりません(笑)
プロフィール

N-FIELD

Author:N-FIELD
日々だらだらだらりと生活中。
なんか用がありましたら以下のメルアドへ。

n-field0981あっとまーくhotmail.co.jp
(あっとまーくを@に)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お気に入りアイテム



今やってるゲーム

N-FIELDの今やってるゲーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



マテリアル・パズル114話・115話感想(1)

さて、今日はマテリアル・パズル114話・115話の感想を(遅)。


マージ島の前でアダラパタと待ち合わせをするコルクマリー。


「無事女を斬って11本目の安定を手に入れやがりましたか?」
と言うアダラパタ。
「うん。マルチーノは僕が切った。でも彼女は生きている」
と返すコルクマリー。


いまいち状況が分からないっぽいアダラパタ。
さらに、
「グリンが発作的にゴッドマシンを発動させて
”ボクごと”時間を数十秒遡ったんだ」
と続けるコルクマリー。
「どういうことですか。詳しく説明してください」
と返すアダラパタ。


ここで城での回想シーンに変わって…


マルチーノが斬られたことで錯乱するグリン。
錯乱してコルクマリーに飛びかかってゴッドマシンを発動させる。
一緒に時を遡るコルクマリーとグリン。
壊れた壁も元に戻る。


マルチーノが掃除をしているところまで戻る
グリンとコルクマリー。
ぼろぼろになって倒れたグリンを介抱するマルチーノ。
「時間が…戻った…?」と言うコルクマリー。


「リィさん…こいつだけは…」


「こいつだけは………!!
こいつだけはやめてくれ………!!」


「他の… 城の皆は…
 覚悟があってここにいるんだ…
 死んでもかまわないって覚悟が…」


「でも…でも………!!
 こいつは違う……こいつは…
 こいつだけは頼む…!!」


「こいつだけは……!!こいつだけは………!!」


と必死にコルクマリーに懇願するグリン。


グリンのマルチーノを守ろうとするもの凄い必死さに
胸を打たれましたね。


もう11本目の安定を手に入れたのでマルチーノを
斬る理由はないと言うコルクマリー。
そしてその場を去り、
五大石を回収するために
結界発動機へ向かう。


2つの五大石を手に入れたコルクマリー。
そしてサンの存在に気づく。


あまりの恐ろしさにガチガチ震えるサン。
(帽子の中に隠してた)五大石の最後の1つを
差し出そうとするサン。
そこで不意に五大石の声がサンに聞こえる。
「わたしのちからをつかえ……」と言う。


それを聞いて(?)とっさに後ろへ飛びのくコルクマリー。
「その石はまだ預けとくよ」と言う。
そしてその場を去るコルクマリー。
ほっと一安心するサン。


回収した五大石をアダラパタに渡すコルクマリー。


「これで五大石は4つ我らの手に……
グリン王子も数秒とはいえ時を戻したからには
ただでは済まない
後は命七乱月を手に入れれば……」
と、アダラパタ。
「今から島に行って(命七乱月を)奪うよ」
とコルクマリー。
「メモリア滅ぼしたら酒でもおごりますよ」
とアダラパタ。
「ワインがいいな。真っ赤な ね」
とコルクマリー。
やけに2人仲がいいな(笑)。
しかも会話がさりげなく怖いし(笑)。


そして、コルクマリー、マージ島へ
飛んでった―――!!??


おまえはネフェルピトーか!!(笑)。


何かが上から来ることを察知するジール・ボーイ。
コルクマリーが上から降ってくる。
「いかん、ミカゼくんを狙っているぞ!!!」
とバレット王。


阻止しようとするジール・ボーイ。
「できれば全開のきみと闘りたかったよ
アダラパタに右腕の魂を奪われる前の
――――ね」
とコルクマリー。
そして左腕を切り落とされる
ジール・ボーイ!!!!!

正直、かなーりびっくりしましたよ!!
どうなるんだろうと本気で心配しました。


そしてバレット王と会話するコルクマリー。
この会話の中でパンナケトル・カミッツ・メイプルソンの
死が確定する。
カミッツ……。・゚・(ノД`)・゚・。
「1/Nのゆらぎ」のあのカミッツとは別人なのか…?
あと、プルえもん(メイプルソン)もいいやつ
だったのに……。・゚・(ノД`)・゚・。


命七乱月を強奪しようとするコルクマリー。
「無駄だ あれはメモリア魔法陣を制した者以外
手にしても使えん!!」
と言うバレット王。
「じゃあミカゼくんを殺して誰も使用できない
ようにするよ」
と返すコルクマリー。


そこへ現れるティトオとジール・ボーイ!
ティトオに左腕を回復してもらっていたらしいジール・ボーイ。
「次はちゃんと首をはねないと」
とコルクマリー。


そして、ホワイトホワイトフレアでジール・ボーイを
強化するティトオ。
「これはいい。以前に近い力がみなぎっている」
とジール・ボーイ。
「きみほど力を持つ者の強化は長時間は無理だ。
 なるべく早めに決めてくれ」
とティトオ。
そして戦い始めるコルクマリーとジール・ボーイ!!


(115話へ続く)

スポンサーサイト




テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nfield0981.blog88.fc2.com/tb.php/25-ed0811fa

【マテリアル・パズル】

マテリアル・パズル『マテリアル・パズル』(Material Puzzle)は、土塚理弘の漫画作品。スクウェア・エニックス(旧:エニックス)発行の少年漫画|少年向け漫画雑誌「月刊少年ガンガン」にて、2002年2月号より連載されている。略称はMP、マテパ等。.wikilis{font-size:10px このマンガが読みたい!【2007/02/07 14:05】