FC2ブログ
N-NOTE
現在家事手伝い兼派遣社員。勉強記録・雑記を主に書いてます。ちょくちょく愚痴も入るので注意。名前を書かれても別に何も起こりません(笑)
プロフィール

N-FIELD

Author:N-FIELD
日々だらだらだらりと生活中。
なんか用がありましたら以下のメルアドへ。

n-field0981あっとまーくhotmail.co.jp
(あっとまーくを@に)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



お気に入りアイテム



今やってるゲーム

N-FIELDの今やってるゲーム



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



BAMBOO BLADE 45話感想

さて、BAMBOO BLADE45話の感想を。


冒頭から剣道部への入部をきっぱりと断る東ちゃん。
しかしキリノに
「東ちゃん防具は注文する?」
と言われて、
「大丈夫です!中学のとき使っていたのがありますから!」
と。
やる気マンマンじゃね?(笑)


そしてその後場面は変わって職員室に。
コジローが生徒から取り上げた携帯ゲーム機に熱中。
そこへ現れる吉河先生。ゲームでミスったコジロー。
代わりにやりはじめる吉河先生。
「こいつは下半身から攻めるんですよ」てwww
そして
「ダメっす!3Dは認めないっす!やっぱゲームは2Dっす!」
と言うコジロー。
そして今度スーファミでの勝負を約束するコジローと吉河先生。


そこへ入ってくるキリノとサヤ。
どうやら東ちゃんの呼び名の相談に来たらしい。
主な候補は「さっちゃん」「さとりん」「さっちん」
個人的には某所で言われてた「あずみゃー」がいいな(笑)


が、コジローは
「………あきらめな。
今度の大会4人だけだ。
東は…もったいないけど入部はできない」
と返す。


「でも…さとりんは剣道大好きなんだよ」
と言うキリノ。


「知ってるよ俺も
―――あいつ自身も―――」
と返すコジロー。


職員室を出るキリノとサヤ。
で、出た途端に大泣きして暴走して突っ走る2人(笑)。
それを見て「やれやれ」とため息をつくミヤミヤ。


場面は変わって放課後に。
部活に誘われて
「掃除当番だから、先行っててね」
と言うミヤミヤ。
そして「今日掃除当番なんだけど…」と言われて、
少女漫画風に爽やかに(笑)、
「ごめんなさい ちょっと用があるから
 あたしの分もやっといてね」
と断るミヤミヤ(笑)。


さらに場面は変わって一人で掃除をしている東ちゃん。
どうやらみんなはサボって帰ったらしい。
押し付けられたのか(笑)。この辺ミヤミヤと対照的。
そしてゴミ箱をコカす東ちゃん(笑)。
典型的なドジっ子だな(笑)。


そこへ「手伝おうか?」と現れるミヤミヤ。
「そんな、いいですよ!」と言う東ちゃん。
「この前練習試合無理言って来てもらったからね」
と返すミヤミヤ。


タマちゃんとの試合を回想しながら、
「それは…もういいですよ。
 私も………とても楽しかったから…」
と返す東ちゃん。
そして、
「じゃあ入れよ」
と脅迫するように言うミヤミヤ(笑)。
まさにヘビに睨まれたカエル状態(笑)。


が、アタフタしながら、
「大学に行くつもりなので部活には入れないんですよ。
私おバカだからたくさんたくさん勉強しなきゃ
いけなくて……」
と言う東ちゃん。


そこで、ミヤミヤは、
「あのさ―――…
 できない奴ってさ 部活に入ろうが入るまいが…
 どっちにしろ
ダメ
 ――――なんだよね」
と言うミヤミヤ。
激しく衝撃を受ける東ちゃん(笑)。
カメラワークがころころ変わってるよ(笑)。


さらに
「だいたい勉強できる奴って
 部活の方もできるよね」
と言うミヤミヤ。
"そっ…そういえば………!!"
と思う東ちゃん。
「やっぱり私は勉強してもムダって事なの………!?」
と言う東ちゃん。
"ホント単純なコね……
 いっくらでも乗せられるわこりゃ"
と思うミヤミヤ(笑)。


そしてテストの成績表(入学してすぐのもの)を
見せるミヤミヤ。とりあえず成績は悪いらしい。
そして次に最近のものを見せる。
成績は上がってるらしい。


「剣道部に入ったからだよ」
と言うミヤミヤ。
"なんですと―――!!!"
とオーバーに驚く東ちゃん(笑)。


以下、ミヤミヤと東ちゃんのやり取り。
ミ「あんた、高校入ってからの方が成績落ちてない?」


東「はい…勉強が難しくなったから…」


ミ「あーあ、剣道やめたからだね」


東「ええっ!!?そうなんですか!?」


ミ「当たり前じゃない」


ミ「剣道は精神や集中力を鍛えるものでしょ
 それは勉強にも通じるものだからね」


東「た…たしかに…」


ミ(爽やかに)「その証拠に…うちの彼氏を筆頭に
 剣道部には成績優秀者がたくさんいるの」


東「すっすごいです!!」


ミ「剣道部に入ればその優秀な人たちに
 勉強教えてもらえるしね―――」


東「ああっおいしい!!そんなおいしい特典も…………!!」


(ここで「ふ…あと一押しね」と思うミヤミヤ・笑)


さらに
ミ「第一ね、あんた部活の時間を勉強に当てて
多少成績上げるよりも―――」


ミ「得意な剣道がんばって
 内申よくして推薦で大学行ったほうが
 いいんじゃないの!!?」


ドーンてw喪黒服蔵?www
あ、むしろどどん波かwww


そして、剣道部に入ることを懇願する東ちゃん。
「入ります!!入らせてください
剣道部に!!」


「お願い 入れて!!入れて!!」


最後のセリフで妙な方向を想像したのは自分だけじゃ
あるまい(笑)


そして
"こいついいパシリになりそうだ"
と思うミヤミヤ(笑)


今回は妙なセリフが多かったです
絶対狙ってるだろ、と思うような(笑)。


んでは、感想終了ー。


 

スポンサーサイト




テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://nfield0981.blog88.fc2.com/tb.php/17-cf8d1ade